ワキガ手術より効果的な対策!『ワキガナビ』

再発や失敗の可能性が高いワキガ手術を受けるなら、その前に試してみるワキガケアはたくさんあります。ワキガに悩む私の体験談付き!

*

ワキガ手術を行う場合の費用と期間は?

   

 

ワキガの手術と一口に言っても、実はワキガの手術には様々な種類があります。それぞれの費用と期間を中心に、どのようなメリットやデメリットがあるのかを紹介していきます。ワキガの手術はその方法により費用や必要な期間が異なるだけではなく、傷痕や効果にも違いがありますので、十分に検討する必要があります。

ワキガ手術を行う場合の費用と期間は?

保険適用のワキガの手術の場合

 

切開法

 

・費用 5万円前後
・期間 入院の必要なし 10日前後にて日常生活可能

 

保険適用のワキガの手術を受ける場合には、まず自分自身のワキガが保険適用であるかどうか調べなければなりません。

ワキガの自覚がある場合でも、医師により診断して貰わなければ保険適用のワキガの手術は行えないのです。では、保険適用になるワキガはどのようなものかと言えば、ガーゼテストによりワキガの臭いの程度を計測して貰う必要があります。

ワキガは何か特別な病気ではなく、アポクリン腺の数が多いという体質の問題であるためで、「他人が不快に感じる程の悪臭」の場合には保険が適用されます。
ワキガの臭いを数値化することは難しいため、ガーゼで脇をふき取り実際に臭いを嗅いでもらうことにより、ワキガであるかどうかを判断するとともに、保険適用であるかどうか分かるという仕組みです。臭いの強さを医師が判断しますので、明確な基準があるわけではありません。

自分自身では非常に強い臭いだと思っていても医師が軽症と判断することもあります。保険適用のワキガの手術は誰でも行えるものではないことをまずは理解し、保険適用かどうか医師に相談する必要があります。

 

保険適用のワキガ手術では切開法と呼ばれる方法が用いられます。この方法は、保険適応外のワキガの手術に比べて傷痕が大きく残る傾向にあります。

傷口の大きさは約5センチ程度であると言われています。切開法では、切開の仕方により傷痕の残り方が異なることも多いです。

大きく開いてアポクリン腺を確認しながら除去するため、ワキガ手術の中でも最も効果があると言われる反面、腋のシワに沿って切開することが多いものの、傷痕が大きく残りやすいというデメリットもあります。

 

保険適用のワキガは費用が安く高い効果が期待できるというメリットがある反面、傷口が大きく残りやすいというデメリットがあります。

 

 

超音波吸引法

・費用 4万円前後
・期間 翌日からシャワー可能 
吸引法はその名の通り、アポクリン腺を吸引することによって取り除くという方法です。脂肪吸引と同じような仕組みであると言うと理解しやすいのではないでしょうか。

1センチ程度切開し、そこから吸引道具を挿入し、アポクリン腺を吸引していきます。吸引法は以前は行われていた方法ですが、実際にはアポクリン腺を吸引することは難しく多くの方が再発に悩まされていました。そこで誕生したのが超音波吸引法と呼ばれる方法です。

この方法では脇に1センチ程度の切開をし、特殊な超音波で汗腺を破壊します。そして破壊された汗腺を吸引するという方法です。メリットは傷口が小さく早い段階で日常生活を送ることが出来ることです。

デメリットは、やはり目視しているわけではありませんので完全な除去ではないというところでしょう。医師の技術力も必要になる手術で、再発の可能性が比較的高いです。

 

 

保険適用外のワキガ手術の場合

 

ワキガ手術では保険適用外の手術の種類が豊富です。保険適用外のワキガ手術は保険適応にならなかったワキガの方だけではなく、より傷口を目立たないものにしたり、より早く日常生活を送ることが出来るようになることを目的として利用する方も多いです。

 

直視下手術法

・費用 30万円前後
・期間 1週間後から日常生活可能 入浴は2週間後から可能

 

 

この方法は保険適用による切開手術と同様です。メリットは直接アポクリン腺を見ながら切除するため取り残しなく、再発の可能性も低いことです。デメリットは切開するために傷口が大きく残りやすいことでしょう。
レーザー手術の場合

・費用 20万円前後
・期間 翌日から入浴可 日常生活可能

 

レーザー手術は、手術とは言うものの切開は行いません。細い針を脇の下に刺していきアポクリン腺を破壊することよって、ワキガの臭いを軽減させるという手術です。切開することがないため、術後の痛みもほとんどありません。

針とは言っても注射針のようなものではなく細くレーザーを照射するための針ですので、針跡もほとんど残りません。

レーザー手術のメリットは、痛みがなくすぐに日常生活を送ることが出来、傷痕の心配が要らないというものです。デメリットは、アポクリン腺を実際に見ながら破壊するわけではないため、アポクリン腺を完全に破壊出来るわけではなく、再発の可能性もあるということです。

そのため軽度から中度のワキガの方におすすめできますが、重度の場合ではよりしっかりとアポクリン腺を取り除くべきだと言われています。
クアドラカット法の場合

・費用 40万円前後
・期間 1週間後から入浴可能 

 

クアドラカット法は名前からでは、どういう手術なのか分かりにくいでしょう。脇を2センチ程度切開し、そこから特殊な器具を挿入しアポクリン腺を取り除きます

目視することは出来ないものの、専用器具を用いてアポクリン腺を取り除くためにほとんど取り残しがない方法であると言われています。

クアドラカット法のメリットは傷口が小さく再発の可能性がないことでしょう。デメリットは傷口は小さくても内部を取り除いているため日常生活を送るまで1週間程度かかるという点です。

 

 

ワキガの手術とは

ワキガは病気ではなく体質の問題です。ワキガの方はそうではない方に比べてアポクリン腺という汗腺が多く発達しているのです。

アポクリン腺の数が多いことが、ワキガの臭いの原因です。そのため手術によってアポクリン腺を除去しなければ、ワキガを根本的に解決したとは言えません。そのためワキガを根本的に解決したいと考えている方にとってワキガの手術は必要だと言えます。

ワキガの手術にはワキガを根本的に解決するというメリットがある反面、デメリットやリスクも存在しています。デメリットとしては傷痕が残ってしまうことや色素沈着が大きな問題です。

ワキガの手術はアポクリン腺を除去するもので、簡単な手術であると考えている方が多いです。しかし、一般的な手術に比べて傷痕は小さいかもしれませんが、ワキガの手術の成功率は100パーセントではありません。

アポクリン腺を十分に取り除けない場合は、ワキガの臭いが軽減しない可能性もあります。また、アポクリン腺と一緒にエクリン腺まで切除することが多いため、体温をコントロールしたり緊張して汗をかいてしまう場面で、顔や頭、手のひらなどから脇の汗の分の量も汗をかいてしまうことがあります。

つまり、腋汗をかかなくなったことにより局所的に別の部位で汗が増える可能性があるのです。これは手術してみなければ分からないことです。
ワキガの手術をする場合には費用や期間、その手術方法のメリットデメリットだけではなくワキガ手術のリスクも頭に入れておくべきです。

もちろん、大きなメリットもありますのでデメリットやリスクを理解した上で手術を行うことは良いことです。

現在ではデオドラント製品でのワキガケアも充実してきていますので、ワキガであれば必ず手術をしなければならないという問題ではありません。手術を行うかどうか悩む場合は皮膚科にて相談することが大切です。

 

重度のワキガにも効くデオドラントランキング

【第1位】クリアネオ(CLEANEO)

クリアネオ

 

特徴 消臭効果と殺菌効果のダブルの効果でワキガ臭を根本的にシャットアウト!
効能 ワキガ臭の抑臭・体臭全般の消臭・脇や手足の制汗効果
返金保証 あり(永久)
安全性 高い安全基準をクリア(放射性物資の使用なし)
価格 5,980円
キャンペーン価格 4,980円(定期購入時)
クリアネオはこんな方にオススメ
  • 朝のひと塗りでワキガ臭を1日中確実に抑えたい方
  • 市販のデオドラントでは臭い漏れが感じられた方
  • ワキガ手術を受けずに、臭いの悩みから解放されたい方
  • ワキガが子どもに遺伝したので、効果が有るクリームを探している方

 

クリアネオは、ワキガ専用の全デオドラントの中で、2015年に最も売れたクリームです。あまりの人気で、注文してもすぐに発送されなかったこともあったとか。

クリアネオが人気となったのは、強い消臭効果に加え、脇汗を抑える制汗効果が強いからのようです。

制汗効果が強いと、脇に塗り込んだクリームが汗で流れ落ちず、その結果、クリームの消臭効果が1日中持続するのです。

 

【第2位】ラポマイン(Lapomine)

Lapomine

 

特徴 保湿効果が強いデオドラントクリーム!&ラポマインサプリプレゼント中!
効能 ワキガ臭の抑臭・保湿効果
返金保証 あり(90日間)
安全性 完全無添加・低刺激
価格 8,560円
キャンペーン価格 5,700(定期購入時)
ラポマインはこんな方にオススメ
  • アトピーや乾燥肌でワキガ症に悩んでいる方

 

ラポマインは、クリアネオが発売された2015年までは、デオドラントクリームランキング1位の評価でした。クリアネオと比べると、少しだけ消臭効果や制汗力は落ちるのですが、その実力は価格以上であるのは間違いありません。

一方、ラポマインは保湿効果による消臭という特徴があります。保湿によって脇汗が出過ぎず、その結果ワキガ臭の広がりを抑えてくれるのです。

乾燥肌なのに脇汗が多く、その結果、脇が臭い!っていう声も多いのはそのためなんです。

クリアネオより値段が高いので、初めてデオドラントクリームを試すなら、クリアネオを先に試す方が効率的ですね。

【第3位】デオプラスラボ(Deo+Labo)

デオプラスラボ

 

特徴 消臭効果と制汗効果が強いクリーム。
効能 ワキガ臭の抑臭・体臭全般の消臭・脇の制汗効果
返金保証 あり(100日間)
安全性 無香料・無着色・無添加
価格 7,980円
キャンペーン価格 4,980円(定期購入時)
デオプラスラボはこんな方にオススメ
  • クリアネオが肌に合わなかった方

 

デオプラスラボは、リピート率が82%を超えるデオドラントクリーム。それゆえ、使っている方は、何らかの効果を実感し、使い続けているのでしょう。

実際に使ってみると、低刺激なので、肌への違和感もないし、消臭力や制汗力も強いです。ただ、総合評価としては、クリアネオには及ばないかなと思いますので、ワキガ専用デオドラントを最初に選ぶならデオプラスラボよりクリアネオを使った方がいいかもしれませんねん。

 - ワキガ手術とは?