ワキガ手術より効果的な対策!『ワキガナビ』

再発や失敗の可能性が高いワキガ手術を受けるなら、その前に試してみるワキガケアはたくさんあります。ワキガに悩む私の体験談付き!

*

ワキガ治療は手術だけ?手術じゃない方法でワキガを治す!

      2016/02/27

 

ワキガで悩んでいることを相談する場合、多くの場合は手術を提案されることでしょう。ワキガの根本的治療は手術ですし、ワキガ治療と言えばワキガ手術が有名だからです。ワキガの治療は手術だけではなく様々なものがあります。

ワキガと言えば手術しか選択肢のない時代ではありません。

ワキガの臭い

Pezibear / Pixabay

ワキガ治療とは

欧米諸国ではワキガは体質であり、治療は必要ないと考えられています。これは欧米諸国のワキガ率の高さが関係しています。日本では欧米諸国のようにワキガ率が高くありません。

日本のワキガ率は10人に1人と言われています。ワキガは遺伝的要因の強いものですので、家族で複数人のワキガがいることの方が自然です。そのためワキガはその存在を全く知らない方々さえいます。

欧米諸国でのワキガ率は10人中8人と言われています。ほとんどの方がワキガですので、問題にはならないのです。日本ではワキガ率が低いため、独特の刺激臭を不快に感じる方が多いです。

そのため体質とも言えるワキガを治療するという選択があります。もちろんワキガは体質ですので治療しなければ悪化し体に害を及ぼすということはありません。

しかしワキガの臭いは日本人、またアジア人にとっては慣れないもので不快に感じてしまうものですので、臭いによって相手に嫌な思いをさせ、それがまた自分にとって嫌な思いになることを避けるためにワキガ治療を行うのです。

ワキガ治療とはワキガの根本的な原因であるアポクリン腺を除去する根治治療と、ワキガの臭いの発生を出来る限り対処することで臭いに対する問題を無くす対処療法に分けられます。それぞれメリットとデメリットが存在しますので紹介していきます。

 

ワキガの治療一覧

  • アポクリン腺除去手術
  • ワキガのレーザー治療
  • ワキガのボトックス治療
  • 皮膚科にて外用薬また内服薬にての治療
  • ワキガのデオドラントケア

ワキガの手術のメリットデメリット

ワキガ手術のメリットはワキガ治療唯一の根治治療であるということでしょう。完全にワキガ臭を消すことは出来ないと言われていますが重度ワキガの方も軽度ワキガやほとんど臭わない状態になると言われています。

ワキガの根本的な治療はアポクリン腺を除去するこの手術のみであり、アポクリン腺は増えるものではないためその効果は永続的なものです。

その一方でデメリットとして挙げられるのは傷口と再発の可能性です。手術ですから傷痕はどうしても残ってしまいます。傷口が残りにくい方法でも必ず傷口が残るでしょう。また、アポクリン腺を完全に除去できるわけではないので、想像以上にワキガ臭が残ってしまう可能性もあります。

 

ワキガのレーザー治療のメリットデメリット

ワキガのレーザー治療はワキガの最新治療と言えます。脇に細い針を刺し、そこからレーザーを照射することによってアポクリン腺や汗腺を破壊します。

切開しませんので傷痕は残りません。腋毛もそのままにレーザーを行うことが出来るのです。ダウンタイムもなくワキガ治療を行ったことが人に知られることもありません。

レーザー治療もアポクリン腺を破壊するため根治治療と呼ばれることもありますが、レーザーではアポクリン腺を十分に破壊するのが難しく臭いが残りやすいというデメリットがあります。繰り返し行うことでより効果を得られると言われていますが最新治療ですので施術費用が高いのも問題点でしょう。

 

ワキガのボトックス治療のメリットデメリット

 

ワキガのボトックス治療のメリットはエクリン腺から分泌される汗を抑制させることが出来ることです。ワキガの方の6割は多汗症も併発していると言われていますので、エクリン腺からの汗が少なくなることによって皮膚の常在菌が抑えられますので、臭いの軽減に繋がるとされます。

しかしボトックス注射で抑えられる汗はエクリン腺からのものでアポクリン腺からのものではありません。そのためボトックス治療はワキガ治療とは呼ばれながらも基本的には多汗症の治療として行うもので、直接的にワキガに有効的であるとは言いにくいです。

費用も決して安いものではありません。多汗症を併発していない限り、ワキガ治療としてのボトックス治療はまず考えられません。また多汗症である場合にボトックス治療を行ったとしてもアポクリン腺には効果がないことをしっかりと頭に入れて置く必要があります。

 

皮膚科の外服薬や内服薬のメリットデメリット

ワキガの場合皮膚科で外用薬を処方して貰えることを知っている方は少ないです。ワキガの場合は塩化アルミニウムと呼ばれる外用薬を処方されることが多いです。

これは多汗症の方に用いられることも多い薬で、制汗作用の強い薬になります。

塩化アルミニウムは汗腺を閉塞させることの出来る薬ですので、しっかり使用方法を守る必要があります。病院で処方されるものの濃度は市販されているものの濃度より高い場合があり、より効果を実感しやすいと言われています。現在利用できる制汗剤の中では一番効果があるものです。また一般的ではないものの内服薬が処方されることもあります。

これは抗コリン剤と呼ばれ発汗を抑える薬です。副作用もあり常用はお勧めできませんが、結婚式など特別な場面で利用する方もいます。

デメリットとして外用薬また内服薬のどちらも汗の分泌を抑える効果がありますが、それが直接的にアポクリン腺に働くものではないということでしょう。また刺激が強い場合があり肌の弱い方には向かないというのもデメリットになるでしょう。

 

ワキガのデオドラントケアのメリットデメリット

ワキガのデオドラントケアはワキガの対処療法として医師も勧めている方法です。メリットは様々な製品があるため、軽度のワキガから重度のワキガへ対応できることと、生活習慣に合わせて自分に合ったワキガケアを行うことが出来るようになるということでしょう。

それだけデオドラント製品の数は多いのです。

デメリットとして考えられるのは継続した利用が必要になるということでしょう。デオドラントケアではワキガを根本的に治すものではなく、ワキガの臭いを消す対処療法ですので継続したケアが必要になるのです。

これは多くのワキガ治療に言えることですが、継続的な利用を考えて使用する製品を決定しなければなりません。

 

 

体質改善や食事療法

ワキガ治療は様々な方法を組み合わせて行うものです。これだけではなくその他のワキガケアを組み合わせる必要がありますが体質改善や食事療法は重要なわきが治療の1つであると言えるでしょう。

皮下脂肪が多いと体温調節性発汗が起こりやすく汗をかきやすくなってしまいます。それと同時に皮下脂肪は汗腺や脂肪腺に刺激を与えることにより、アポクリン腺が活動的になることが分かっています。

つまり肥満はワキガ臭を強めてしまうのです。ですからワキガ体質の場合であれば、意識的にダイエットを行うことが大切になります。

またアポクリン腺から分泌される汗にはタンパク質や脂質が多く含まれていますが、肉類を多く食べるとこの割合が更に増えてしまうことが分かっているのです。また野菜を中心の食生活に切り替えることで臭いが軽減できることも分かっています。

ただし肉類を一切食べない場合でもワキガ臭が消えるわけではありませんので、バランスの良い食生活を送るように心掛けることが大切です。

健康でバランスの取れた食生活を意識するようにしてください。ワキガにとって健康的な生活を送ることは臭いにも影響を及ぼす大切なことなのです。

 

重度のワキガにも効くデオドラントランキング

【第1位】クリアネオ(CLEANEO)

クリアネオ

 

特徴 消臭効果と殺菌効果のダブルの効果でワキガ臭を根本的にシャットアウト!
効能 ワキガ臭の抑臭・体臭全般の消臭・脇や手足の制汗効果
返金保証 あり(永久)
安全性 高い安全基準をクリア(放射性物資の使用なし)
価格 5,980円
キャンペーン価格 4,980円(定期購入時)
クリアネオはこんな方にオススメ
  • 朝のひと塗りでワキガ臭を1日中確実に抑えたい方
  • 市販のデオドラントでは臭い漏れが感じられた方
  • ワキガ手術を受けずに、臭いの悩みから解放されたい方
  • ワキガが子どもに遺伝したので、効果が有るクリームを探している方

 

クリアネオは、ワキガ専用の全デオドラントの中で、2015年に最も売れたクリームです。あまりの人気で、注文してもすぐに発送されなかったこともあったとか。

クリアネオが人気となったのは、強い消臭効果に加え、脇汗を抑える制汗効果が強いからのようです。

制汗効果が強いと、脇に塗り込んだクリームが汗で流れ落ちず、その結果、クリームの消臭効果が1日中持続するのです。

 

【第2位】ラポマイン(Lapomine)

Lapomine

 

特徴 保湿効果が強いデオドラントクリーム!&ラポマインサプリプレゼント中!
効能 ワキガ臭の抑臭・保湿効果
返金保証 あり(90日間)
安全性 完全無添加・低刺激
価格 8,560円
キャンペーン価格 5,700(定期購入時)
ラポマインはこんな方にオススメ
  • アトピーや乾燥肌でワキガ症に悩んでいる方

 

ラポマインは、クリアネオが発売された2015年までは、デオドラントクリームランキング1位の評価でした。クリアネオと比べると、少しだけ消臭効果や制汗力は落ちるのですが、その実力は価格以上であるのは間違いありません。

一方、ラポマインは保湿効果による消臭という特徴があります。保湿によって脇汗が出過ぎず、その結果ワキガ臭の広がりを抑えてくれるのです。

乾燥肌なのに脇汗が多く、その結果、脇が臭い!っていう声も多いのはそのためなんです。

クリアネオより値段が高いので、初めてデオドラントクリームを試すなら、クリアネオを先に試す方が効率的ですね。

【第3位】デオプラスラボ(Deo+Labo)

デオプラスラボ

 

特徴 消臭効果と制汗効果が強いクリーム。
効能 ワキガ臭の抑臭・体臭全般の消臭・脇の制汗効果
返金保証 あり(100日間)
安全性 無香料・無着色・無添加
価格 7,980円
キャンペーン価格 4,980円(定期購入時)
デオプラスラボはこんな方にオススメ
  • クリアネオが肌に合わなかった方

 

デオプラスラボは、リピート率が82%を超えるデオドラントクリーム。それゆえ、使っている方は、何らかの効果を実感し、使い続けているのでしょう。

実際に使ってみると、低刺激なので、肌への違和感もないし、消臭力や制汗力も強いです。ただ、総合評価としては、クリアネオには及ばないかなと思いますので、ワキガ専用デオドラントを最初に選ぶならデオプラスラボよりクリアネオを使った方がいいかもしれませんねん。

 - ワキガ手術とは?