ワキガ手術より効果的な対策!『ワキガナビ』

再発や失敗の可能性が高いワキガ手術を受けるなら、その前に試してみるワキガケアはたくさんあります。ワキガに悩む私の体験談付き!

*

入浴後に行うことで朝まで安心できるワキガケア

      2016/02/29

 

入浴後にはワキを自然乾燥させたのちにミョウバンスプレーを利用し、汗による雑菌の繁殖を防いであげましょう。自然乾燥させ、汗による雑菌の繁殖を防ぐことによってワキガの臭いの原因をしっかりブロックしてあげることが、入浴後のワキガケアの基本であり、最も効果的なケアの方法と言えるのです。

入浴後に行うことで朝まで安心できるワキガケア

入浴後のワキの状態とは

ワキガで悩んでいる方もそうではない方も同様に、お風呂でしっかり体を洗って湯船に浸かることによって、一日の汗や皮脂を落とすことが出来、清潔な状態になります。しかし、入浴することによって体を温めることで、実はお風呂上りには汗をかいてしまっていいます。

お風呂をあがってすぐには汗をかいていても臭いが気になることは少ないでしょう。これは肌が清潔な状態であり、臭いの原因となる雑菌が繁殖しないためです。汗は雑菌と混じり合わなければ、それ自体は臭いません。

これはワキガの場合も同様で、皮脂や雑菌と交じり合うことで臭いが発生してしまうのです。そのためお風呂上りすぐには臭いを感じない場合が多いです。しかし完全に洗い流されなかったボディーソープや、肌から分泌される皮脂成分が汗と交じり合うことによって徐々に臭いが気になるようになってしまいます。

入浴後にワキに汗をかいてしまうのは、ワキガの人だけではありませんので安心してください。汗をかいてしまうとどうしても強くタオルで擦るなどして拭いてしまいますが、入浴後の肌はデリケートな状態ですので、傷ついてしまいやすくなっています。そのためタオルで軽くふき取り、ワキをしっかり乾燥させてあげることが大切になります。

乾燥させることによってより皮脂の分泌が過剰になるのではないかと不安に思う方もいるでしょう。顔のスキンケアなどでは、乾燥させることは良くないと言われていますよね。しかしワキの場合は別で、外気に触れることの少ない箇所であり湿った状態が続きやすい場所ですので、雑菌の繁殖を防ぐ意味でも乾燥させることが好ましいと言われているのです。

 

雑菌を繁殖させない状態を作ることによって臭いの元からブロックする

入浴後のワキは汗をかきやすい状態になっていることは説明した通りです。体を温めれば汗をかくのは当然のことですので、汗腺を切除してしまわなければ汗をかかないようにすることは難しいでしょう。

また、汗をかかないように冷水を浴びることや、湯船に入らないようにするというのも現実的な解決方法ではありませんね。

汗をかくことではなく、雑菌を繁殖させない状態を作ることによって臭いが発生しないようにすることが、入浴後のケアとしては最も効果的で実践しやすいと言えるでしょう。そもそも、なぜワキガは独特の嫌な臭いを発生させるのでしょうか。

ワキガの臭いの原因を理解しておくと、入浴後のケアも行いやすくなります。ワキガはアポクリン腺と呼ばれる汗腺から出てくる汗が皮脂と混ざり合い皮膚に住んでいる雑菌がそれを分解することによって臭いが発生するのです。汗自体に臭いがあるわけではなく、雑菌に分解される過程で臭いが発生するのですね。

雑菌は通常の汗も分解し、その過程で臭いを発生させます。しかしアポクリン腺から分泌される汗は、通常の汗よりも雑菌が好んで分解することが分かっており、また分解過程で独特の嫌な臭いを発生させることも分かっています。

そのため、雑菌を繁殖させないことはワキガの臭いと強い関係があるのです。

では、実際に雑菌を繁殖させない状態はどのように作るのかと言えば、ミョウバンスプレーです。ミョウバンとは、古代ローマ時代から消臭を始めとして様々な用途で用いられてきた物質で、天然由来のものもあれば、現在では人工的に作られたものもあります。

ミョウバンが消臭に効果的でワキガの臭いを抑える仕組みですが、これはミョウバンを水に溶かすことによって酸性になることから、雑菌の繁殖を抑えるだけではなく殺菌作用もあることやミョウバンに含まれる収れん作用により汗自体も抑えられるようになるためです。

ワキから雑菌を取り除くためだけであればアルコール除菌の方が有効でしょう。しかしアルコールは肌にとって強い刺激になりますし、雑菌を完全に除去することは皮膚を傷めることにもなります。

アルコールで除菌しても、その効果は永久的なものではなく3時間から5時間程度と言われており、入浴後に睡眠する際には向かないと言えるでしょう。さらに肌を痛めてしまうことにより、より雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいますので、アルコールよりもミョウバンの方が入浴後のワキガケアに向いていると言えます。

もちろんミョウバンスプレーも効果は永久的ではなく5時間から7時間程度と言われています。もちろん個人差はありますが、市販のデオドラント製品に比べると比較的長い間効果があると感じている方が多いです。そのためミョウバンスプレーは入浴後に行うことで朝まで安心できるワキガケアと言えます。肌にも優しいのがうれしいですね。

ミョウバンスプレーの作り方

・水 500ml
・ミョウバン 20g

これをしっかり混ぜ合わせスプレーボトルに入れて完成です。
ミョウバンは白濁し混ざりにくいですが、混ぜ合わせていくことで透明になっていきます。
冷蔵庫に入れて保管するようにしてください。

 

 

睡眠時にはコップ1杯分の汗をかいている

睡眠時には健康な人の場合はコップ1杯分の汗をかいていると言われています。普段の汗のかきやすさにもよりますが200mlも汗をかいている計算になりますね

ミョウバンスプレーは汗によって流れてしまうと言われていますが、汗をかいたら流れてしまうのはミョウバンスプレーだけではなく一般的なデオドラント製品も同様です。そのため夜間に汗をかいてしまうと心配している場合には安心して利用してください。

ミョウバンスプレーだけが特別に汗に流れやすいということはありません。

ミョウバンスプレーはそれ自体が臭いもありませんので、特別なケアをしていることが分かりにくいという特徴もあります。恋人に気づかれないようにワキガケアを行いたいと考えている方にもミョウバンスプレーはお勧めできる方法だと言えるでしょう。

夜間に大量に汗をかいてしまうので不安だという場合にはミョウバンを粉の状態のまま利用するという方法もあります。ミョウバンは水で薄めることで酸性になり、より効果を実感しやすくなりますが、汗によって流れ落ちてしまう心配がある場合は粉のまま直接塗ることで落ちにくくすることも出来ます。

ただしこの方法ではミョウバンを直接ワキに利用することになります。いくらミョウバンが肌に優しくても直接塗ることは刺激になりますので肌の弱い方は注意し、直接利用しても大丈夫かどうか少量から始めてみてください。

 

朝になったらデオドラント製品を利用したケアに切り替えよう

ミョウバンスプレーは雑菌の繁殖を抑えワキガの臭いの元をブロックする効果が期待できます。肌に優しく効果も持続しやすいので、入浴後に朝まで安心して利用できるでしょう。

日中のより活動的な時間にはデオドラント製品を利用したケアに切り替えるか併用することが好ましいです。ミョウバンスプレーはそれだけでもワキガの臭いを抑える効果がありますが、臭いを吸収する成分はありません。

どうしても活動的な日中は臭いの元をブロックするだけではなく、臭いを吸収する作用が必要になりますので、市販のデオドラント製品の中でも臭いを吸収できる成分が含まれているものを利用するのがおすすめです。

重度のワキガにも効くデオドラントランキング

【第1位】クリアネオ(CLEANEO)

クリアネオ

 

特徴 消臭効果と殺菌効果のダブルの効果でワキガ臭を根本的にシャットアウト!
効能 ワキガ臭の抑臭・体臭全般の消臭・脇や手足の制汗効果
返金保証 あり(永久)
安全性 高い安全基準をクリア(放射性物資の使用なし)
価格 5,980円
キャンペーン価格 4,980円(定期購入時)
クリアネオはこんな方にオススメ
  • 朝のひと塗りでワキガ臭を1日中確実に抑えたい方
  • 市販のデオドラントでは臭い漏れが感じられた方
  • ワキガ手術を受けずに、臭いの悩みから解放されたい方
  • ワキガが子どもに遺伝したので、効果が有るクリームを探している方

 

クリアネオは、ワキガ専用の全デオドラントの中で、2015年に最も売れたクリームです。あまりの人気で、注文してもすぐに発送されなかったこともあったとか。

クリアネオが人気となったのは、強い消臭効果に加え、脇汗を抑える制汗効果が強いからのようです。

制汗効果が強いと、脇に塗り込んだクリームが汗で流れ落ちず、その結果、クリームの消臭効果が1日中持続するのです。

 

【第2位】ラポマイン(Lapomine)

Lapomine

 

特徴 保湿効果が強いデオドラントクリーム!&ラポマインサプリプレゼント中!
効能 ワキガ臭の抑臭・保湿効果
返金保証 あり(90日間)
安全性 完全無添加・低刺激
価格 8,560円
キャンペーン価格 5,700(定期購入時)
ラポマインはこんな方にオススメ
  • アトピーや乾燥肌でワキガ症に悩んでいる方

 

ラポマインは、クリアネオが発売された2015年までは、デオドラントクリームランキング1位の評価でした。クリアネオと比べると、少しだけ消臭効果や制汗力は落ちるのですが、その実力は価格以上であるのは間違いありません。

一方、ラポマインは保湿効果による消臭という特徴があります。保湿によって脇汗が出過ぎず、その結果ワキガ臭の広がりを抑えてくれるのです。

乾燥肌なのに脇汗が多く、その結果、脇が臭い!っていう声も多いのはそのためなんです。

クリアネオより値段が高いので、初めてデオドラントクリームを試すなら、クリアネオを先に試す方が効率的ですね。

【第3位】デオプラスラボ(Deo+Labo)

デオプラスラボ

 

特徴 消臭効果と制汗効果が強いクリーム。
効能 ワキガ臭の抑臭・体臭全般の消臭・脇の制汗効果
返金保証 あり(100日間)
安全性 無香料・無着色・無添加
価格 7,980円
キャンペーン価格 4,980円(定期購入時)
デオプラスラボはこんな方にオススメ
  • クリアネオが肌に合わなかった方

 

デオプラスラボは、リピート率が82%を超えるデオドラントクリーム。それゆえ、使っている方は、何らかの効果を実感し、使い続けているのでしょう。

実際に使ってみると、低刺激なので、肌への違和感もないし、消臭力や制汗力も強いです。ただ、総合評価としては、クリアネオには及ばないかなと思いますので、ワキガ専用デオドラントを最初に選ぶならデオプラスラボよりクリアネオを使った方がいいかもしれませんねん。

 - デオドラントの効果